ホーム  »  地下室施工  »  費用について

費用について

費用について

地下室は高い、と聞くけれど一体いくら位かかるの? というご質問をよくいただきます。
そこで、目安となる費用についてご紹介いたします。

地下室の価格はどう決まる?

必ず事前に現地調査を行います

地下室の価格はどのようにして決まるのでしょうか。実は地下室を造るためにかかる費用は、人件費やコンクリート代以外に、「大型掘削機」や「クレーン車」、「生コン車」などの重機車両の稼働にかかる費用や、土や型枠、生コンクリートなど重量物の搬出・搬入の費用もかかります。 なるべく精緻に見積りをするためには、実際に地下室を造る場所の土壌の質や形状はもちろん、その場所に行くまでの道路の幅(重機が入れるかどうか)の調査や、交通誘導員が必要かどうか、土量の予測など、「工事費」以外の様々な要素も含めた検討が必要です。つまり、地下室の場合、土地の平米数などでは一概に費用を出すことができません。 東都建設では適正な工期とお見積りをお約束するために、地下室の設計・施工をご相談いただいた際に、ご契約前であっても必ず現地調査を行っています。

地下室は高い?どうすれば安くできる?

地下室はほしいけれど、価格が高いから…とあきらめてしまう方もいらっしゃるかもしれません。確かに地下室を建築すると、地上建物だけの建物よりは高くなってしまうでしょう。しかし安い施工業者に依頼することは、地下室施工のプロとしてはおすすめできません。 なぜならば、地下室は建物の基礎を司る部分となります。建物基礎は、建物の耐震性・耐久性にかかわる大切な部分。その費用を無理やり削ることは、「長く安全に暮らせる家」ではなくなってしまう可能性があるからです。無理なコスト削減をしてしまうと、工事現場の安全性も担保できない可能性が出てきます。 一方、設計・プランや設備の選び方次第では、無駄なコストを減らせる場合もあります。まずは東都建設に「構想段階」、「設計段階」からご相談ください。コストパフォーマンスが高い地下室を造るにはどうすれば良いかご提案させていただきます。

地下室の費用サンプル例

地下室の価格は一概には言えない…とはいえ、参考としてプランと価格の例をご紹介します。

ドライエリアなし

広さ:W=3640㎜*D=6370㎜=23.18㎡(約7坪)
地盤:関東ローム層(水位無し) ■一般条件での施工の場合 4t車両使用/山留め親杭圧入工法 工事費用 ¥5,000,000 ■狭小地施工条件 2t車両使用/山留め親杭セメントミルク工法 工事費用 ¥5,600,000

ドライエリアあり

広さ:W=3640㎜*D=6370㎜=23.18㎡(約7坪)
地盤:関東ローム層(水位無し) ■一般条件での施工の場合 4t車両使用/山留め親杭圧入工法 工事費用 ¥5,800,000 ■狭小地施工条件 2t車両使用/山留め親杭セメントミルク工法 工事費用 ¥6,500,000

※下記工事については、サンプル見積り例に含まれておりません。別途お見積りとなります。
内装工事/地上階基礎/地上階建物/外構工事/地質調査/構造設計費/意匠設計費/電気、水道上下水道設置費(揚水ポンプ接続は本見積りに含む)
※本サンプルは平成24年10月18日現在の参考積算であり、材料の市場価格の変動により金額は増減します。

費用のことは悩む前にまずは一度ご相談を!次は設計士・建築事務所さんへのメッセージ 設計士・建築事務所様へ

お問い合わせ・お見積もりのご依頼・各種ご相談など、お気軽にご連絡ください

  • 電話 03-6427-8634
  • メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ