ホーム  »  地下室施工  »  地下室ができるまで

地下室ができるまで

地下室ができるまで

地下室は、どのようにして出来上がっていくのでしょうか? 掘削や防水など「地下ならでは」のステップをご紹介します!

  • STEP1山留め、掘削

    事前にボーリング調査をし、地盤を確認したうえで工事が始まります。最初に周りの地盤がくずれない様に「山留め親杭」を打ち込みます。作業は無振動工法です。
    掘削をしながら、周囲地盤の土圧を支えて崩壊を防ぐために「矢板」と言われる板を差し込みます。これが山留め工事です。地下室の施工の場合、本格的な山留め工事が必要です。
  • STEP2防水工事

    当社ではザイペックス防水を採用しています。
    「ザイペックス」とは、コンクリート内部の空隙やひび割れなどの欠陥部にセメント結晶を増殖させることで緻密化し、水などの劣化因子の浸入を遮断し、耐久性能を向上させるコンクリート改質材です。
    ザイペックスの施工管理には資格保持者が必要です。
  • STEP3鉄筋工事

    床・壁に配筋していきます。鉄筋の太さやどのぐらいの幅で配置していくかによって、
    強度が変わるので、設計図通りにしっかりと施工していきます。コンクリートの被覆厚さが薄いと耐久性が低下します。品質管理が重要になります。
  • STEP4コンクリート強度のチェック

    コンクリートを扱う工事を始める前に、まずはコンクリート配合計画書を作成し、しっかりと強度が保たれる比率になっているかを確認します。打設時にコンクリート試験体を採取し、後日強度試験で品質強度の再確認をします。
  • STEP5耐圧版基礎工事

    建物の「底」にあたる部分を耐圧版(耐圧盤)と言います。
    まず、この耐圧版全体にコンクリートを流し込みます。
    建物の加重を最も受ける箇所となるので、地下室施工の中でも重要なポイントです。
  • STEP6型枠工事

    コンクリートで壁面を造りますので、
    壁面にコンクリートを流し込むための型枠を造る工事を行います。
    鉄筋を配し、型枠を組み立てます。
  • STEP7支保工片押し(WP工法)

    コンクリートの重量を支えるため支保工を設置していきます。
    ここで東都建設のオリジナル工法「WP工法」が登場!
    WP工法とは
  • STEP8コンクリート工事

    準備が整ったら、いよいよコンクリートを打設します。
    ここでもコンクリートの強度を確認するため、試験体を採取します。
    ここでは、WP工法と当社オリジナル金物により、建物基礎まで一気に完成へと導きます。これにより打継のコールドジョイントがなくなり、工期の短縮にもつながります。
  • 施工完了!

    型枠を外し、施工完了です。写真で見えている建物の基礎の下に地下室空間が広がっています。東都建設のWP工法では、建物部分の基礎まで一度に施工できるメリットがあります。この後、地上部の建物工事などが始まっていくのです。

地下室ができあがっていく様子はワクワク!次は打ち合わせからお引き渡しまでの流れ。 お引き渡しまでの流れ

お問い合わせ・お見積もりのご依頼・各種ご相談など、お気軽にご連絡ください

  • 電話 03-6427-8634
  • メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ