ホーム  »  擁壁工事・土留工事  »  費用について

費用について

費用について

擁壁・土留工事の費用はどれ位かかるの? 費用についての考え方をご紹介。

安全第一で考えてほしい、擁壁工事の価格

擁壁工事の価格はいくらぐらいなのか?というのは気になるところかと思います。擁壁は「壁」のようなものなので、あまり費用はかからないのではないか?と思っている方も多いようです。
しかし、実は、擁壁の働きは非常に大切なものです。
例えば豪雨や地震などの災害に見舞われた時に、もし土砂崩れが起きてしまったら、家族の安全にかかわってしまいます。擁壁はそれを防ぐための構造物です。目に見えない構造部分やコンクリートの強度が非常に大切になってきます。

見た目は一緒でも「土の中」に違いがあることも!?

擁壁は、外から見るとただの壁のように見えますが、実際には構造検討が必要なれっきとした構造物です。構造検討をおろそかにしてしまうと、万が一の時に災害に巻き込まれたり、人命にかかわってくることさえあります。擁壁の強度は外から見ただけではわかりません。大切なのは「土の中」がどうなっているかです。東都建設では、見積りの前に必ず現地調査を行います。私たちは、立地や土質を知らなければ、「安心」な擁壁設計はできないと考えています。

  • 頼りない擁壁 土中に埋まっている「底版」の長さが十分でない場合、頼りない擁壁に…
  • 東都建設の擁壁 現地調査のうえでお見積り&構造検討しているので、安心・安全!

何によって価格が変わるの?

擁壁工事の価格は、「1メートルいくら」という形で決めることはできません。例えば、現在既に古い擁壁がある場合、それを解体する必要が出てきます。また、擁壁工事の際は、地下室施工と同様に掘削が発生するため、「土の移動」に関する費用もかかります。
この「土の移動」では、敷地内に一度置き土ができれば軽減できますが、既に住宅が土地に立っている場合など、置き場がない場合は、土を一度処分せざるを得ず、それによって費用が変わってきます。
そのほか、2メートル以上の擁壁を造る際は構造計算費用や行政への申請費もかかりますし、重機が通れる道路幅があるかどうか、といった立地条件にもよっても変わります。
このような理由により、擁壁工事は一概に「いくらです」というお見積りが難しいため、まずは一度お気軽にご相談ください! 迅速に諸条件についてヒアリングをさせていただき、適正なお見積りをご提出します。

「スピード見積もり」業者は要注意!

擁壁工事の価格は、土質や、現地までの道路幅によって変わります。つまり、適正なお見積りをご提出するためには、「現地調査」が必須だと言えるでしょう。
最近では、「スピード見積もり」をうたって現地調査をせずに概算見積りをご提出する業者も数多くあるようです。「安いから」とそこに依頼してしまうと、最終的には現地調査後に価格が大幅に変更になってしまったり、構造検討がしっかりとなされないまま、安全性に問題を抱えた擁壁ができあがってしまう可能性すらあるのです。
東都建設では本来的には「現地調査」をしないと、適正なお見積りを出せないと考えています。もちろん「大急ぎで見積りだけ」というご依頼にも極力おこたえしていますが、その場合であっても丁寧に状況をヒアリングし、現地調査した場合に近いお見積りを出したいと考えております。
私たちの考えに共感していただけましたら、まずはお気軽に「お問い合わせフォーム」から、あるいはお電話にてお問い合わせください!

おっと!熱く語っちゃいました!次は擁壁の補修や修理について。 擁壁の補修・修理

お問い合わせ・お見積もりのご依頼・各種ご相談など、お気軽にご連絡ください

  • 電話 03-6427-8634
  • メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ