ホーム  »  東都建設の特徴  »  私たちができること

私たちができること

私たちができること

世田谷区で地下室の設計・施工、擁壁工事などを行い、コンクリート造を得意とする東都建設。私たちができることをご紹介。

地下室の設計提案

東都建設は地下室のプランニングから構造検討、施工までワンストップで行うことができます。
設計については、自社での設計はもちろんのこと、建築家・設計士様やハウスメーカー様からご相談をいただくことも数多くございます。地下の設計は専門分野であり、設計のプロの設計士・建築家の方であっても、地下のすべてに精通することは難しい部分もあるかと存じます。
そこで、施主様から「地下室がほしい」と言われた段階でお声掛けいただければ、プランと仕様、施工のお見積りを当社にて作成いたします。地下室施工のお見積りは、土地の形状や土質、両隣の住宅の状況、予測される掘削土量、資材の搬入経路が確保できるかどうか等によって大きく変わります。
従って東都建設では、現地調査を必ず行った上で、適正なお見積りをご提出いたします。また、地下部分について構造計算が必要な場合もお任せください。

設計士・建築事務所様へ

地下室の施工・施工管理

私たちは、地下室の施工・施工管理のプロフェッショナルとして、コンクリートの品質管理と、現場の安全管理を第一に考えた行動をしています。地下での工事というものは、地上とは異なる様々なリスクが発生するため、最善の注意が必要となります。そのため、現場では安全性を高める独自工法により、施工を行っています。
また、高品質なコンクリートを提供できるよう、適切に工事を管理します。コンクリートはマスターピースで正規な強度であるかを計測しています。

安全性を高める独自工法「WP工法」

地下室のリフォーム

地下室の内装を変更したい、用途を変えたい、間取りを変更したいといった「地下室リフォーム」も東都建設にお任せください。地上建物とは異なり、地下は多湿になってしまう場合も多く、内装工事においても、使う資材や施工の仕方にはノウハウが必要です。

なお、他社で施工された地下室についても、当社にてリフォームをお引き受けしていますのでお気軽にご相談ください。

地下室リフォーム

擁壁・土留工事

擁壁・土留とは、斜面の崩壊を防ぐために設計・構築される壁状の構造物を指します。鉄筋コンクリート造のことが多く、土圧が低ければブロックや間知石(けんちいし)を使うこともあります。
擁壁は、一見、何の変哲もない壁のように見えますが、表面から「見えない部分」である地中の構造が大変重要です。ここがいい加減になると強度が足りない不適格な擁壁となってしまい、最悪の場合、壁が倒れてくるといった大事故につながることさえあるのです。
そこで東都建設では事前の調査・構造検討をしっかりと行い、「どのような構造で造れば安全なのか」を法令順守のもとで決定していきます。

東都建設の擁壁工事

地下室施工や擁壁・土留工事もおまかせ!次は保証やアフターメンテナンスのことだよ。 保証・アフターメンテナンス

お問い合わせ・お見積もりのご依頼・各種ご相談など、お気軽にご連絡ください

  • 電話 03-6427-8634
  • メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ