ホーム  »  東都建設の特徴  »  保証・アフターメンテナンス

保証・アフターメンテナンス

保証・アフターメンテナンス

地下室やRC車庫、擁壁・土留など、コンクリート造の建造物得意とする世田谷区の東都建設。保証やアフターメンテナンスについて、ご案内いたします。

保証制度について

新築住宅を引渡す事業者は、「住宅品質確保法」により、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上の主要な部分や、雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対して10年間の瑕疵担保責任を負っています。新築住宅における地下室もこの瑕疵担保責任の範疇に含まれます。さらに、平成21年より「住宅瑕疵担保履行法」が施行され、万が一、事業者が倒産した場合であっても、施主様は規定の補修費用を受け取ることができるようになりました。東都建設でも法令順守のもと、お施主様に安心して施工をご依頼いただけるようにつとめております。また、各種工事保険にも加入し、現場の安全を第一に考えております。

アフターメンテナンスについて

東都建設では、地下室や擁壁などの竣工後、ご希望に応じて定期的にメンテナンスのお伺いをしています。地元業者ならではのフットワークの軽さも東都建設の自慢の一つ。定期的なメンテナンス以外でも、気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。 また、地下室は適切なメンテナンスが必要です。地下室の設計・施工について、最も重要なことの一つが「結露の防止」です。結露を防ぐためには、私たちが構造設計や換気計画を適切に行うことももちろんですが、お客様にも結露に対して正確な知識を把握していただく必要があります。東都建設ではお客様に日常のメンテナンス方法をお伝えし、快適な地下室空間を維持できるようアドバイスを行っています。

東都建設なら、アフターメンテナンスも安心。次は夢が詰まった地下室のあれこれを紹介! 地下室のある家づくり

お問い合わせ・お見積もりのご依頼・各種ご相談など、お気軽にご連絡ください

  • 電話 03-6427-8634
  • メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ